子育て・教育

【小学校受験】私立小・国立小合格までに利用した問題集と取り組みスケジュール

あやちん
我が家が実際に利用した問題集と取り組みスケジュールをお話します。

 

どうも、2019年に娘の小学校受験を終え、もうすぐ国立小在校生ママになる、あやちん(@mile_tabiiku)です。

一般的に受験や受験対策と言えばペーパー学習が必須ですが、小学校受験も例外ではありません

そこで今回は、我が家が私立小・国立小含め受験した全ての学校からご縁をいただくまでに自宅でしてきた学習内容とスケジュールについてまとめていきます。

そのほかのお受験対策の具体的な取り組みと進め方は、以下にてご紹介しております。

ぜひ合わせてご覧ください。

 

【小学校受験】国立小に合格するまでにやった3つのこと

あやちん合格は内部進学という新たな試練の始まりでもありますが、国立小が気になる人のために我が家での取り組みを振り返ってみます。   どうも、2019年に娘の小学校受験を合格率100%という思 ...

続きを見る

 

実際に利用していた小学校受験対策用教材一覧

早速ですが、我が家で利用してきた問題集と使用時期を1つずつご紹介していきます。

年少9月(新年中に入る2ヶ月前)から受験対応の幼児教室に通っていたこともあり基本的にはその宿題をやっていましたが、宿題の量がさほど多くなく、家庭学習に余力があったため、先生にどんな問題集を進めていけばいいかを確認しながら進めていきました。

 

あやちん
いずれも私が自己流で選んだのではなく、プロのセレクトです。

 

有名小入試段階別ワークA・B・C

取り組み時期 年中4月から年中秋頃まで

 

家庭学習用教材として年中から取り組んだのが有名小入試段階別ワークA・B・Cでした。

この問題集はそれぞれの領域においてステップ1からステップ3までの問題が用意されており、基礎から応用まで無理なくレベルアップが狙える内容になっています。

収録内容は、A:お話の記憶・図形の記憶、B:図形・推理力、C:比較・数量・知識・常識となっていますが、早い月齢から取り組めるのは季節や理科的知識が学べるCです。

また、Aの記憶系はステップ1、2程度までなら年中さんから取り組めますが、ステップ3になると難易度がグッと上がるのでお子様が嫌がるようでしたら年長からの取り組みでも全く問題ありません。

 

あやちん
私はステップ1、2の問題を先に全て終わらせてからステップ3をやるという流れで進めていきました。

 

▲段階別ワークBのステップ1

▲段階別ワークCのステップ1

 

そして全てを一通り終えてみて思うのは、Bの図形・推理力は月齢(お子様の成長度合い)によってできる問題とできない問題がはっきり分かれるということです。

高月齢の方が優位なのは仕方のないことなので、脳が育っていない時期から無理にわからせようとするのではなく、あまり月齢差が関係ない季節や昔話、日常生活を快適に過ごすためのルールやマナー、理科的常識などの覚えてしまえばOKな問題から取り組んでいきましょう。

月齢が進めば自然と理解できることは増えてきますし、できることから進めていくことで「うちの子は学習が進んでないんじゃないか」という親の焦りを軽減する効果もあります。

また、ペーパーは年長になってからペースを上げることも可能なため、無理をさせずに子どもの状態を親がしっかりと見極めることが必要ですね。

 

有名小入試段階別ワークBに取り掛かる前に終えておきたい問題集

有名小入試段階別ワークはA、B、Cいずれも幼児教室に通室しており、ある程度学習が進んだお子様向けの問題集ですが、AとCは初めて小学校受験問題集に取り組む方でもあまりストレスなく進めることが可能です。

しかしBは有名小入試段階別ワークに取り組む前にこなしておきたい基礎的な問題集があるのであわせて掲載しておきます。

 

created by Rinker
¥660 (2020/07/06 22:50:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660 (2020/07/06 22:50:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしながら小学校受験対策は、ペーパー学習のみに留まりません。

むしろペーパー以前に具体物を使う、現地に赴いて体験させるなどの子どもの五感を刺激する機会をたくさん与えてあげるのが先決です。

 

あやちん
また、もしペーパー学習が思ったように進まないようであれば、その時期は制作や絵画対策に切り替えるのも一つの手です!

 

意外と時間がかかる、巧緻性対策

中学校受験や高校、大学受験とは異なり、小学校受験には巧緻性と呼ばれる制作や絵画の試験が含まれることがほとんどです。

小学校受験界の最難関私立小学校と言われる慶應義塾幼稚舎は、ペーパー試験はないものの、制作(絵画)が試験項目として毎年出題されています。

2019年秋の入試では、説明を聞いてカラー粘土で作品を作る、大きく・小さくなった自分を絵に描く等が課題として与えられました。

幼稚舎の制作(絵画)は大手幼児教室でも専用のカリキュラムが組まれるほどですから、一朝一夕では太刀打ちできないことがお分かりになるのではないでしょうか。

我が家では娘がもともと工作好きで園でも毎日のように何かを作っていたため、本番に向けて特別な対策は特にしていません。

しかしながら、完成度にこだわりすぎてしまい時間がかかりすぎてしまうので、その点は本番直前まで「とにかく時間内に終わらせるように」と何度も話しました。

またお子様によっては、工作や絵が好きでないという場合もあるかと思います。

この場合、まず苦手意識を克服するところからのスタートですので、相応の時間がかかることはあらかじめ親として覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

小学校受験に必要な巧緻性を把握するために役立った1冊。

created by Rinker
¥660 (2020/07/06 22:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

娘が年中の頃は絵の苦手意識がものすごくありました。

自分の目標とする出来にならないと匙を投げたくなる気持ちはよくわかりますが、そんなときは無理にやらせずに「お家に帰って少し休んでからもう一回やってみようね」と話して翌週に幼児教室の先生に提出していたのも、今となってはいい思い出です。

 

ハイレベ合格ワーク100[1]~[5]

取り組み時期 年中秋から年長春まで

 

有名小入試段階別ワークのほとんどが終わり、次に取り組んだ問題集がハイレベ合格ワーク100シリーズです。

こちらの問題集はどの分野の問題も標準レベルとハイレベルの2パターンが掲載されているだけでなく、100問という大ボリュームなのが特徴的です。

 

あやちん
段階別ワークで小学校受験に必要な全領域を一通り押さえた後に、復習もかねて量をこなしたい人におすすめ

 

ハイレベは領域ごとに[1]〜[5]と問題が別れて収録されています。

1はお話の記憶、2は図形・注意力、3は推理・思考、4は比較・数量、5は知識・常識です。

 

▲ハイレベ合格ワーク[5]−1

 

有名小入試段階別ワークを全て終えている段階であれば、ハイレベ合格ワーク100シリーズの標準レベル問題はほぼ解けるようになっているはずですが、忘れているところ、理解が浅かったところは年長の春までに手当しておきたいところです。

我が家の場合は、どの領域も標準レベルから先に終わらせ、2巡目にハイレベに取り組むようにしていました。

ハイレベは本番とほぼ同じ難易度の問題だと言われているので、こなすことよりもじっくりと時間をかけて理解できるように導いてあげましょう。

 

また段階別ワーク、ハイレベ共に制限時間が記載されていますが、かなりシビアに設定されています。

お世話になっていた幼児教室の先生も時間内に終わらすことの方が難しいとおっしゃっていたこともあり、我が家は気にしすぎないようにしていました。

 

年長初夏から志望校の過去問中心に取り組み、仕上げへ

小学校受験にも過去問が販売されていますので、秋の入試本番に向けて初夏から徹底的して過去問に取り組んでいきます。

過去問は複数の大手幼児教室、出版社から発売されていますので、可能であれば2種類用意し、過去10年分はさらっておきましょう

 

特に国立大学附属小学校受験を希望される際は、複数社の過去問を手に入れるのは必須です。

その理由は、学校から過去問が提供されないため各社受験者の聞き取り調査を元に制作しているからなのですが、購入したものを見比べてみると内容はもちろん難易度にも差があることも多いです。

 

あやちん
個人的には理英会のそっくり問題集がプリント形式でコピーも取りやすく使い勝手が非常に良かったです。

 

過去問もやりきってしまった人は「有名小入試合格テスト」にチャレンジ!

3週間で「合格できる子」にレベルアップさせることに重きを置いた問題集。

同じ幼児教室に通っていた非常に優秀なお友達は、本番前にこの合格完成テストを3巡し、見事第一志望の学校に合格していました。

 

小学校受験成功のポイントは体験学習ありきです

ここまで小学校受験に合格するまでに必要な学習の内容とスケジュールをお伝えしてきました。

あくまで我が家の場合にはなりますが、これから受験を志すご家族にお役立ていただけたら嬉しいです。

 

しかし、小学校受験のペーパー学習はあくまで実体験の確認作業にすぎません。

理科的常識領域では、水に浮かぶもの、沈むものを選ぶ問題などがありますが、それらは知識としてペーパーで学ぶものではなく、自宅などで実際に試してみるのが一番です。

親子で楽しみながら経験したことは、いつまでも色褪せることなく子どもの心に焼き付いていますし、結局それが一番の小学校受験対策になるのだと感じいています。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【期間限定】無料で限定セミナー動画14本プレゼント!

改めまして、11歳、6歳の兄妹を育児中のあやちんです。

私は編集者として約20年間出版社に勤務してきました。

 

刺激的な毎日でしたが、朝から晩まで仕事、週末も取材活動などで仕事、家にいても会社からのメールや着信で仕事……とにかく仕事に縛られてきました。

でもそれは、夫と子ども達を守るためだから仕方がないのだと諦めていました。

 

生きていくため、そして子どもに満足な教育環境を与えるためにはお金が必要です。

もう少し自由な職場に変えたいと思っても40代・子持ちでは転職市場でもお荷物でしかありません。

こうなったら自宅で稼げるようになるしかない。

そんな時にふと覗いたYouTubeで知ったのがネットビジネスでした。

 

私がお届けする公式無料メールマガジン「Freelife Letter」では、私がこれまでどんなビジネスで収益を上げてきたのかその手法と思考法の全てを公開しています。

以下の内容に1つでもピン! ときた方はぜひこの機会にご登録ください。

 

  • ブログ初心者が最短で収益化するために必要なものは?
  • 稼げるブロガーと稼げないブロガーに見られる明確な違いとは?
  • 収益化できない最大の理由は○○が多いから。○○の中身と対処法とは?
  • 世の中で仕掛けられているビジネスを例にマーケティングを解説
  • 家族との時間とビジネス、どちらも妥協しないために必要な考え方
  • 意外と見落としがちな全てのビジネスに共通する本質って?

 

あやちん
会社に頼らない収入を作る「ビジネスの本質がわかる限定無料セミナー動画14本」を期間限定プレゼント中です!

 

今すぐ限定無料セミナー動画14本を受け取る

-子育て・教育
-, ,

© 2020 「おかえり」が言えるママになるまで Powered by AFFINGER5