あやちん公式サイト:お金も時間も自由になる幸せ家族の働き方

もっと!マイルで旅育

旅行

マイルを貯めるのが面倒くさいという人に伝えたい衝撃の事実

投稿日:2019-04-25 更新日:

あやちん
マイルってなんだか面倒くさそう〜!! という方は年間100万円以上損しているかもしれないというお話をします

 

ということで早速ですが、あなたはマイルを貯めていますか?

 

親戚、知人、友人、そしてメルマガ読者さんの中にマイルを貯めている人はあまりいません。

なぜなのか? その理由を聞いてみると以下のような答えが帰ってきました。

 

  • どうしたらそんな夢みたいなことができるのか、そもそも仕組みがわからない!
  • クレジットカードをあまり使いたくない
  • 一時期貯めていたけど、思ったよりも全然貯まらないから挫折した
  • なんか面倒くさい

 

うんうん、そうですよね。

私も最初にカード決済だけでマイルを貯めていた時期は、いつになったら海外旅行に行けるんだろう? と思うぐらい超スローペースで2、3年に1回特典航空券に交換できるかできないか、という状態でした。

 

そこから一転、今は1年に3回以上、家族で特典航空券を使った無料海外旅行を楽しんでいます。

これまでは2、3年に一度だったものが、1年に3回、しかも無料で行けるわけですからね。

 

あやちん
知ってるか知らないかでこんなに生活が変わるとは驚きです!

 

ということで、

 

  • 旅行に行きたい
  • 子どもにいろんな世界を見せてあげたい

 

と考えていらっしゃる方は、マイルを貯める方法はマスターしておくべきだと思っています。

 

マイルのある世界とマイルのない世界

では実際にマイルの貯め方と使い方をマスターした人と、マイルを貯めずに生活している人の違いを見てみましょう。

 

マイルを貯め方と使い方を知っているAさんの場合

子どもの成長はあっという間なので、一緒に行動してくれるうちに親子で思い出をたくさん作りたいと思って、マイルの貯め方を覚えました。

先日家族で見た映画がきっかけで息子が「ママ、シンガポールに行ってみたい」と言ってきたのですが、「そうだね! いつにしようか?」と行くという前提で話をどんどん進めることができたんです。

息子の行きたい場所ということで、本人からいろんなアイディアも飛び出てきてとっても話が盛り上がったのは嬉しいですね。

マイルの貯め方を覚える前の私たちは海外旅行なんてお金持ちのすることだと思っていたのですが、マイルのおかげで海外旅行がとっても身近なものになりましたし、子どもとの会話も増えました

私自身、本来インドア派だったので、長期休暇のたびに海外旅行へ行ける生活をしていることに驚きですが、誰も損しない素晴らしい制度なのでぜひ多くのご家族にマイルを活用した旅行の素晴らしさを知ってほしいですね。

 

マイルを使った旅行を楽しんでいる様子がよくわかりますね。

ポイントをまとめておきます。

 

マイルのある生活のポイント

  1. 海外旅行が身近になった(ちなみに国内旅行の方が必要マイル数は少ないので、気軽に帰省することができるようになります)
  2. 子どもの「行きたい」「見たい」という好奇心を満たせる
  3. 子どもとの会話ネタが増えた

 

 

マイルにいまいち興味が持てないBさんの場合

もともと旅行は好きなんです。

でも性格的に慎重なタイプでお得だからすぐに飛び付くことはないですね(笑)。

マイルを貯める方法も友人に一度レクチャーしてもらいましたが、クレジットカードでたくさん決済しないといけないとか何だか複雑で面倒だなという気持ちが先に立っちゃって……。

でも、友人がマイルを使って無料でハワイに行ってきたという話を聞くといいな〜って思う自分もいます。

子どもに色々な経験をさせたいとも思っているので、面倒くささを乗り越えて私も努力しないとなとは思っています。

 

Bさんのようにマイルを使って旅行ができることに興味はあるものの、マイルを貯めるのが面倒だと思う人はとっても多い気がします。

一度乗り越えてしまえばなんのその! ですが、全体像が見えないと行動できないのが人なので、Bさんにはまずマイルを貯めるために必要な行動は何なのか、その全体像を掴むといいですね。

 

マイルのない生活のポイント

  1. そう頻繁に海外旅行に行くことはできない
  2. 慎重な性格な上に、新しいことを覚えるのは億劫に感じてしまう
  3. マイル旅への憧れは持っている

 

動画でもANAマイルが貯まる仕組みについて説明しているので、まずはこちらをご覧ください。

 

 

マイルがない生活は年間180万円以上の旅費をドブに捨てるのと同じ

私は今、72万マイル保有しています。

この数字の価値をわかっていただくために具体例をあげますね。

 

家族4人でANAのビジネスクラスを利用しハワイに行くと仮定しましょう。

72万マイル持っていた場合、何回行けると思いますか?

 

あやちん
答えは3回です!

 

年に1回ハワイに行きたいなと思った場合、再来年まで航空券代無料で行ける目処が立っていることになります。

これを金銭的価値に置き換えてみます。



ANAのハワイ便ビジネスクラスを購入した場合、一人当たり50万円以上(小児料金でも40万円以上です)。

ざっくりした計算ですが、私の保有している72万マイルは

 

50万円x2=100万円x3年分=300万円相当

40万円x2=80万円x3年分=240万円相当

 

合計540万円相当の価値があることになります。

 

マイルを貯めるというと「面倒くさそう」「覚えることが多くて大変そう」「難しそう」とよく言われてしまうのですが、どれも日常生活の範囲の中でできることしているだけです。

 

逆に言えば、マイルを貯めない=年間180万円相当の旅行費をドブに捨てていることになるので、知らないでいることの方が恐ろしいぐらい(笑)。

 

つまりマイルを貯める=年間180万円の旅行費節約なんですよね。

 

マイルを貯めたことで手に入ったもの

私はこのマイルを貯める方法を覚えたことでお金のことを気にせず子どもたちに「旅先での経験」という資産をプレゼントすることができています。

ハワイのカラッと晴れているときの気持ちの良い暑さ、数分日なたにいただけでこんがりと焼けてしまうほどの強い紫外線。

日本とは異なり空気が乾燥しているのでリップクリームが手放せないことなどなど、現地に行かなければわからないことを体感させることができているのはとても幸運なことです。

旅行は単なる娯楽と思われるかもしれませんが、日本とは異なる世界を知る、見る、そして感じることは、子どもたちの人生において大きな価値がある「教育」だと思ってます。

 

少し前に日経DUALでこんな記事がありました。

一部を抜粋します。

 

例えば趣味としての読書、美術鑑賞、海外観光旅行の経験率が、家庭の年収によってどう違うかをグラフにすると図1のようになります。

10歳以上の小学生のデータです。

(中略)

いずれも、年収が高い家庭の子どもほど経験率が高くなっています。

海外観光旅行の経験率(過去1年間)は、年収300万未満では0.6%ですが、1500万以上では17.7%、実に30倍近くの差です。

 

通常、旅行はお金がかかるものですから裕福な家庭の贅沢品なのは間違いないです。

でも実際のところ、マイルを貯める方法を覚えてしまえば年収はあまり関係なく工夫次第で誰にでもできることなんです。

 

確かに最初は面倒そうだなとかなんか怪しいなと思う人もいるかと思います。

その不安はこちらの動画をご覧いただければ解決されますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あやちんがフルタイムワーキングマザーを卒業し、娘の「ママと一緒にいたい」という願いが叶えられた方法を公式無料メールマガジン「Freelife Letter」でお話ししています。

ご登録の御礼に以下の2つのプレゼントをお渡ししていますので、お気軽にご登録ください。

 

  1. ネットがあればどこでもできる、たった1時間で5万円を稼ぐ方法
  2. 年間20万マイルを貯めて、無料で家族海外旅行へ行く方法

 

⏬「ママと一緒にいたい」を叶えた方法⏬


※ご登録はGmailもしくはYahoo! メールを推奨しております。Hotmail、Outlook、携帯電話アドレスではプレゼントの受け取りができませんのでご注意ください。ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決していたしませんのでご安心ください。メールマガジンが不要の場合は1クリックですぐに解除が可能です。

-旅行
-, , ,

Copyright© もっと!マイルで旅育 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.