あやちん公式サイト:お金も時間も自由になる幸せ家族の働き方

もっと!マイルで旅育

旅行

子連れマイル海外旅行で行って良かった国・地域ベスト3!【子育てママのオススメは?】

投稿日:2019-05-26 更新日:

あやちん
子連れマイル旅で行って良かった国と地域を家族で話し合ったので、その結果を発表します!

 

どうも、マイルを使った旅育を実践し、航空券代無料で各地を旅する、あやちん(@mile_tabiiku)です。

マイルが爆速で貯まる方法を身につけたら1年に3回ぐらい海外旅行へ行けるようになってしまい、今ではこんないい方法があるんだよ!! とお伝えすべく、YouTubeで【ANAマイルをざくざく貯める!基本講座】なんかもやっております。

動画は随時追加しておりますので、以下に当てはまる人はぜひご覧ください。

 

  • 子どもに世界を体感させ、いろんな経験をプレゼントしたい
  • 英語を習っているから子どもにアウトプットさせる機会を作りたい
  • お金はないけど、海外旅行も旅育も諦めたくない
  • 国際結婚したけど、気軽に帰省して両親に孫の顔を見せてあげたい

 

あやちん
損はさせない内容だと、自負しております

 

ということで、これまであやちん一家が子連れで訪れた無料海外旅行の中で特に子連れにお勧めしたい旅行先をお話します。

 

記事中では便宜上「無料海外旅行」としておりますが、宿泊費、現地滞在費、空港使用料、燃油サーチャージなどの諸経費が別途必要となりますので、あらかじめご了承ください。

 

行って良かった旅行先:ハワイ

行って良かった旅行先、家族の中で万丈一致したのがハワイです。

写真は2019年1月に家族でハワイを訪れた際、ホテルのラナイ(ベランダ)から見たワイキキビーチです。

 

あやちん
ど定番すぎますが、いいものはやっぱりいいのです

 

子連れハワイのいいところ

  • 気候がいい
  • 海がキレイ
  • 子どもが食べられるものがたくさんある
  • 子連れで遊べるスポットが豊富
  • ショッピングも楽しい

 

「子どもが食べられるものがたくさんある」というのは子連れならではのチェックポイントかもしれませんね。

2019年のゴールデンウィークには家族でインドに行きましたが、スパイスの国なのでどれも味付けは濃く、娘が食べられるものが少なくて苦労しました。

その点ハワイはアメリカ料理だけでなく、中華もイタリアンも和食もヴィーガン向け料理も豊富で、胃袋がもう1つ欲しい! と思うほど美味しいものにあふれています。

 

またショッピングも楽しいと書きましたが、オアフ島のワイケレプレミアムアウトレットはケイトスペード 、トリーバーチ、コーチなどのアメリカンブランドが50〜70%オフで購入できるため、せどり(転売)天国とも言われています。

 

子連れハワイのいまいちなところ

  • 物価が高い(特に食費)
  • 日本からのフライトは夜便

 

ハワイは物価が高いことでも有名です。

ということは、滞在日数が増えれば増えるほど必然的にお金がどんどん出て行きます。

また、日本からのフライトは20時以降の夜便になります。

個人的には夜便の方が子どもたちがフライトの間ぐっすり眠ってくれるのでいまいちとは感じていませんが、フライト前に子どもが寝てしまって搭乗するのが大変なこともあると想像し、「いまいちなところ」と記載しました。

 

あやちん
子連れで楽しめるハワイでのアクティビティはVELTRA(ベルトラにたくさん掲載されているので要チェックです

 

詳しくはコチラ

 

行って良かった旅行先:バリ島

バリ島はまだ娘が生まれる前に夫、息子と3人で行った場所です。

物価が安いのでウブドにあるプール付きのヴィラを格安で利用できたのをよく覚えています。

また現地では、ケチャダンスを鑑賞したり、エレファント・サファリ・パークで象に乗って森の中をお散歩したりと現地ならではの体験がたくさんすることができました。

料理も中華ベースなので当時2歳の息子にいろんなものを食べさせることができ、とても良かったです。

 

子連れバリ島のいいところ

  • 文化・風習の違いが明らかなので、外国に来た感が存分に感じられる
  • ホスピタリティ精神が素晴らしいので、旅の満足度が上がる
  • 物価が安いので滞在費用を安く抑えることができる

 

バリ島の人たちは子どもが大好き。

ホテルやリゾートだけでなく、街のレストランにも大抵子ども用のハイチェアは常備しています。

中には食事に飽きてしまった子どもと一緒に遊んでくれる店員さんもいたりして、とてもフレンドリーでサービス精神溢れる接客・サービスを受けることができます。

 

子連れバリのいまいちなところ

  • 野犬、野猿が多い
  • 道路の舗装状態がよくないため、ベビーカーは使用できないと思った方がいい

 

バリ島には野犬、そして野猿が多く見られます。

どちらも普通にしていれば被害を受ける確率は低いですが、小さいお子様連れの場合は「可愛い」と迂闊に手を出さないようにくれぐれも注意しましょう。

また、日本とは異なり凸凹道が基本ですので、ベビーカーを持っていっても使い物にならないことも多いです。

 

あやちん
子連れで楽しめるバリ島のアクティビティは楽天グループのVoyagin(ボヤジン)で格安&簡単予約が便利です!

 

詳しくはコチラ

 

行って良かった旅行先:シンガポール

3つ目にお勧めしたいのがシンガポールです。

上の写真は2018年のゴールデンウィークに訪れた際に撮影したシンガポールにある無料水遊びスポットの写真です。

シンガポールは暑いため、無料で楽しめる子ども向け水遊びスポットがとても充実しています。

 

子連れシンガポールのいいところ

  • 治安がいい
  • 街全体が美しい
  • 観光スポットがたくさんある
  • 無料で使えるじゃぶじゃぶ池が楽しい

 

子連れ海外旅行は大人が楽しく過ごせるところというよりも子どもにとって楽しく、快適な旅になるかどうかが満足度を上げるために重要になってきます。

その点、シンガポールは街並みも東京と同じような雰囲気で親子共々リラックスでき、家族で過ごす週末の延長線上にあるような過ごし方ができる場所なので、旅行中ほとんどストレスを感じることはないでしょう。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールキッザニアなどの子ども向けスポットも人気です。

また隣国のマレーシアまで足を伸ばせば、レゴランドも楽むことも可能です。

 

子連れシンガポールのいまいちなところ

  • ホテル代が高い
  • 飲み物がぬるい
  • 市販されている炭酸飲料は炭酸が抜けている(笑)

 

個人的にも大好きなシンガポールですが、お酒を飲まない分、炭酸飲料が大好きな私にとっては市販されている炭酸飲料の炭酸が軒並み抜けているというのは非常に辛かった出来事です。

そんなときに救いの場となったのが、宿泊先ホテルのラウンジでした。

 

シンガポールの飲み物事情さえ気にならなければ、子連れで遊べるスポットがたくさんあるシンガポールはぜひ一度訪れてみてほしい国です。

ちなみに、周囲の子連れシンガポール体験者のほとんどが「アドベンチャー・コーブ」(有料で楽しめるプール施設)がいいと話しているので、私も次回以降シンガポールへ行く際にはぜひ行ってみたいと思っています。

 

あやちん
ちなみにアドベンチャー・コーブへ行く際には、楽天グループのVoyaginからの予約で入場料が10%オフになるので、活用しましょう。そのほか、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールなどもVoyaginからの予約で割引を受けることが可能です

 

詳しくはコチラ

 

マイルを貯めてお得に子どもたちと世界を旅しよう!

私はマイルを貯めるようになってから、それまで以上に気軽に海外旅行することができるようになりました

ただし、美味しい話には危険がつきものとばかりにどうやってマイルを貯めるのかを知ることさえ拒む人も多いと聞きます。

私から言わせれば、知っているか知らないかの違いだけで子どもに与えられる情報に格差が生じてしまうことの方が恐ろしいと思っています。

 

そして、マイルがある生活とマイルがない生活が金銭的にどんな違いがあるのかについても別記事で検証していますので、引き続きご覧いただけたら幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あやちんがフルタイムワーキングマザーを卒業し、娘の「ママと一緒にいたい」という願いが叶えられた方法を公式無料メールマガジン「Freelife Letter」でお話ししています。

ご登録の御礼に以下の2つのプレゼントをお渡ししていますので、お気軽にご登録ください。

 

  1. ネットがあればどこでもできる、たった1時間で5万円を稼ぐ方法
  2. 年間20万マイルを貯めて、無料で家族海外旅行へ行く方法

 

⏬「ママと一緒にいたい」を叶えた方法⏬


※ご登録はGmailもしくはYahoo! メールを推奨しております。Hotmail、Outlook、携帯電話アドレスではプレゼントの受け取りができませんのでご注意ください。ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決していたしませんのでご安心ください。メールマガジンが不要の場合は1クリックですぐに解除が可能です。

-旅行
-, , ,

Copyright© もっと!マイルで旅育 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.