あやちん公式サイト:お金も時間も自由になる幸せ家族の働き方

もっと!マイルで旅育

ビジネス

会社員を辞めてよかった3つのこと【体験談】

投稿日:2019-04-09 更新日:

あやちん
在宅ワーママの実態ってどんな感じ? という疑問にお答えします。

 

こんにちは! 2018年末に約20年間勤めた出版社を退職して2019年より在宅ワーママとして、自宅で仕事をしているあやちん(@mile_tabiiku)です。

今回は、思い切って会社員を辞めて在宅ワーママに転身してからの生活についてお話しします。

結論から言ってしまえば会社員を辞めてよかったです。

自分で決断したことなので当然と言えば当然ですが、会社員生活に疑問を抱きながらも以下のような不安があって会社を辞められないというママは多いですよね。

 

  • 会社員を辞めたらどうやって収入を得るの?
  • 自宅で仕事してたらついダラダラしちゃわない?
  • 自宅で仕事してたら家事を優先したくならない?
  • いつでも仕事できる環境ゆえに、際限なく仕事しちゃうことにならない?
  • 保育園には継続していられる?

 

そんながんばり屋さんなママにこそ、子供も犠牲にしない、家族も自分も犠牲にしない働き方があるのだと伝われば幸いです。

 

サクッと知りたい方は、動画版もありますのでご活用ください。

 

とにかく自由を実感できる毎日です

会社員時代、よく思っていたことがあります。

 

  • 月曜日が憂鬱すぎる
  • 通勤電車が苦痛で出勤しただけで疲労感たっぷり
  • 遅刻は厳禁なので、どうしても子どもたちに「早く!!」と急かしてしまい、自分はダメなママなんだと自己嫌悪に陥る
  • 残業して園へのお迎えが遅れ、延長保育料を払うことになり「何のために仕事しているのか」わからなくなる
  • 自分の人生なのに会社に配慮しなければいけないことが多く、自由なんて一部のお金持ちしか満喫できない
  • 休みの日や自宅でも仕事のことを考え、実質サービス残業をしているのと同じ

 

会社員は安定したお給料をいただく代わりに時間を捧げる働き方です。

しかし1日は24時間しかありません。

限られた24時間のうち8時間会社に捧げてしまうことになるので、その分、何かを諦める、何かを犠牲にすることが余儀なくされてしまうのも仕方がないことなんです。

私はマイルを使った旅行が趣味なこともあり、リフレッシュしたいときに旅行へ行けない、また行けたとしても会社に負担かけないようにヨーロッパは諦めなければいけないなど、自分の人生で制約を受ける部分が多いことが苦痛でたまらなかったんですよね。

 

あやちん
また、子どもたちの「ママと一緒にいたい」という願いを叶えられないどころか、職場で嫌なことがあった日は家庭内でもイライラしてしまい、子どもたちに辛く当たってしまった過去もあります。

 

会社員を辞めた今は、

 

  1. 好きな旅行も好きなタイミングで好きなだけ行くことができる
  2. 好きな仕事を選ぶことができる
  3. 自分で決めた道なので覚悟を持ってがんばれる

 

というメリットを実感しています。

ただし、自由である分責任が伴うので、そのプレッシャーは相当大きなものにはなるのは確かです。

 

習い事や通院で土曜日が潰れない!

特に子どもが小さいときに感じていましたが、ワーママは平日よりも土曜日がの方が忙しいですよね。

理由は簡単で、平日は自由になる時間があまりないので、習い事や通院は土曜日に集中することが多いからです。

時短勤務やシフト制で平日休みがあるママはこの限りではないかもしれませんが、会社員時代の私は、土曜日の午前中に娘の習い事、午後から息子の習い事、夕方から通院なんて日が多く疲れ切っていた記憶があります。

週末しか休みがないのは子どもも一緒なので、習い事や通院だけで1日が終わってしまうのは不憫に思っていたのですが、これも会社員を辞めたことで改善することができました。

 

あやちん
今は習い事や通院は平日昼間に園を早退して行くので、その分週末はゆったりと過ごすことができています!

 

ちなみに人気の習い事などは、土曜日クラスがいっぱいでキャンセル待ちになることも多いですが、平日だとそのような事態に陥る可能性を減らすことができます(もちろん一概には言えませんが)。

 

「ママと一緒にいたい」を叶えることができた

会社員時代の仕事はやりがいがあるものでしたが、時間に追われる生活でもあったため「早く!」などと育児書に書かれている模範的な育児とは真逆のことをしまくっていた母親でした。

社会人としてしっかり働くべき理由は、その製品・サービスを利用した人の役に立つためですよね。

でもそれが目の前にいる一番大切な子どもたちに対してできていなかったんですよね。

 

あやちん
母親としての務めがあまりできてないのに、その先にいる大勢の人に提供できるものなんてあるのか?

 

そんな風に考えるようになっていき、まずは子どもが以前から願っていた「ママと一緒にいたい」を叶えるために行動し、現在に至っています。

もしまだ悶々とした時間を過ごしていたら精神的に追い詰められていたかもしれません。

子どもたちの願いが叶えられた今は、以前よりも外的プレッシャーに晒される機会も減り、子どもたちには穏やかに接することができています。

 

会社員を卒業してよかった!

ここまで会社員を卒業してよかったことをお話ししてきましたが、会社員をしていたからこそ救われた部分もあります。

というのも、強制的に一人になれる時間が作れる、家庭で嫌なことがあっても職場で仕事することで気持ちの切り替えができていましたから。

また、自宅で仕事しているからと言ってダラダラできる訳でもなく、子どもを寝かしつけてから深夜まで作業している日もあるのが現状です。

 

あやちん
深夜まで仕事してて、どこが幸せなの!? って感じですよね(笑)

 

ただ、深夜までの仕事も他人に強要されるか自発的にやるのかではモチベーションが全く異なるので、私自身は今の働き方の方が好きです。

また現在年長の娘が通っている園も仕事が変わったことを区と園に書類を提出するだけで済み、特に面倒なことにはなりませんでした。

今の自分の働き方はまだまだマイノリティなのは十分承知していますが、何事も知識を得ることが大切であり人生の選択肢を広げることにもなるので、ご紹介しました。

 

あやちんがフルタイムワーキングマザーを卒業し、娘の「ママと一緒にいたい」という願いが叶えられた方法を公式無料メールマガジン「Freelife Letter」でお話ししています。

ご登録の御礼に以下の2つのプレゼントをお渡ししていますので、お気軽にご登録ください。

 

  1. ネットがあればどこでもできる、たった1時間で5万円を稼ぐ方法
  2. 年間20万マイルを貯めて、無料で家族海外旅行へ行く方法

 

⏬「ママと一緒にいたい」を叶えた方法⏬


※ご登録はGmailもしくはYahoo! メールを推奨しております。Hotmail、Outlook、携帯電話アドレスではプレゼントの受け取りができませんのでご注意ください。ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決していたしませんのでご安心ください。メールマガジンが不要の場合は1クリックですぐに解除が可能です。

-ビジネス
-, , , ,

Copyright© もっと!マイルで旅育 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.