あやちん公式サイト:お金も時間も自由になる幸せ家族の働き方

もっと!マイルで旅育

ビジネス

人は何のためにお金を払うのか【「こどもちゃれんじ」から学ぶビジネスの基礎知識】

投稿日:2019-05-24 更新日:

あやちん
結局のところ、あやちんって何をして稼いでいる人なの? という質問にお答えします

 

どうも、マイルを使った旅育を実践しながら、ウェブを使った情報発信ビジネスを生業とするあやちん(@mile_tabiiku)です。

ちなみにかつては出版社に務めており、編集者として20年ほど活動をしていました。

編集者というのは本(書籍・雑誌・ムック全てをひっくるめて)を作り、書店取次に本を卸して書店店頭に陳列していただき、お客様にお届けする仕事です。

つまり、自分の仕事がカタチに残るわけですね。

 

おかげさまで自宅本棚には、編集者時代でも特に思入れの強い本が何冊か並んでおり、自分の子ども達にもこの本はママが作ったんだと言えるので非常にいい仕事をさせてもらっていたのだと感謝しています。

 

あやちん
ただし、徹夜あり、会社に泊り込んでの作業などなど、猛烈に消耗しなかなか壮絶ではありましたが…。編集者時代の表に書けないエピソードはあやちん公式無料メルマガで密かに公開中です。気になる方はこちらからご登録ください

 

ところが、そこから一転して今の私はパッと見で何をしているかわからない人になりました(笑)。

そしてイメージだけが先行し、何だか怪しい人、メルマガとかやっちゃってなんか売りつけてくる人、ネズミ講でしょ? みたいに思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

答えは、いずれもNOです。

 

実際にその場に足を突っ込んでいるからこそわかるのですが、私がしているビジネスは、お客様一人一人と向き合い、その方の人生がより良い方向に変わっていくお手伝いをすることができる仕事で、とてもやりがいがあります。

そうは言っても超怪しい! と思われる方に向けて、そして、あやちんと同じように在宅で働きたいと願うママに向けて、今回は、情報発信ビジネスについてきちんと知っていただくための基礎知識をお話します。

 

情報発信ビジネスってなんだ?

情報発信ビジネスとは、その名のとおり「情報を発信することで発信者に興味を持っていただき、それをビジネスとすること」です。

ビジネスというくらいですから、どこかのタイミングでお金が発生します。

文字で書き連ねるより情報発信ビジネスで成功している企業名を出して説明しましょう。

 

これを言うと驚かれることが多いのですが……

 

あやちん
情報発信ビジネスを上手に活用し、業績を伸ばしているのがこどもちゃれんじや進研ゼミでおなじみのBenesse(ベネッセ)ですね。

 

え? ベネッセって教育ビジネスをする会社じゃないの? と思われるかもしれませんが、ベネッセのしているビジネスをより正確に言い表すと「教育という情報を販売するビジネス」になりますし、そもそも教育ビジネスはお客様が理想とする未来に向かうための手助けをするビジネスなので、情報発信ビジネスの中の1つと位置付けられています。

 

ここで考えなければいけないことが1つ。

情報発信ビジネスは、その情報を受け取ってくれる方々が多ければ多いほど収益も大きくなるのが特徴の1つです。

さらに言えば、情報を受け取ってくれる人がリピートしてくれればくれるほど収入も増え、さらに安定感も増していきます。

 

あやちん
じゃあ、ベネッセはどうやって情報を受け取ってくれる人を増やしているの? もお話しましょう。

 

あなたがママになってまもない日のことを思い出してみてください。

出産した産院で以下のような案内をいただき、「お名前入りえほん」をもらうために子どもの情報を記入し、投函しませんでしたか?

 

 

ベネッセはこのようにお子様が誕生した瞬間からお子様の情報を集めて、リスト化しています。

そして子どもの年齢に応じて「こどもちゃれんじ」「こどもちゃれんじぷち」「ワールドワイドキッズ」「チャレンジタッチ」「進研ゼミ」などなどのDMが送付されるようになり、ベネッセの教材を使ってもらうタイミングを上手にマーケティングしているわけです。

人は接触頻度が高いものに親近感を覚える習性(ザイオンス効果)があります。

ベネッセは定期的に届くDMやしまじろうのアニメ化、グッズ化、リアルイベント開催などを通してリスト化されたお客様との接触頻度を増やし、自社のサービスを利用してもらいやすい環境を整えています。

 

さらに言えば、教育の内容そのものは大きく改変されることが非常に少ないため、一度作った教材をベースに時代に合わせたアレンジを行えばよく、教材開発コストもほとんどかからないというのも業績アップ要因の大きなポイントにもなっています。

 

あやちん
その分、お客様新規獲得するためのプロモーションに予算が避けるので、無料で「名入れえほん」を作って配布することが可能になるんですね

 

ここまでの話でわかった「情報発信ビジネスで稼げる理由」をまとめます。

 

情報発信ビジネスで稼げる理由まとめ

  • 教育ビジネスは情報発信ビジネスと同じ、お客様の理想とする未来へ導くビジネスである
  • 情報を受け取ってくれる人を増やし、リスト化することで収益は大きくなる
  • リスト化されたお客様との接触頻度を上げることで自社を身近に感じてもらい、サービスを利用しやすくなるようマーケティングしている

 

情報そのものに価値はない

引き続きベネッセを例に話します。

ベネッセは教育という情報をお客様にお届けすることを事業の1つとしています。

しかし、時期に応じて学ぶべき内容は教科書にも書いてあるし、市販のドリルでも対応できますし、極端なことを言えばネットでダウンロードできる無料教材を使って自宅で親が教えることもできることです。

 

つまり、学ぶべき内容・情報そのものに価値があるわけではないのです。

 

それなのに人はなぜ、ベネッセの教材をお金を支払って契約するのでしょうか。

 

情報に付加価値をつけるためにできる2つのこと

ネットの無料プリントでも教えることができる子どもの勉強内容をわざわざ高額を支払って契約する理由はいくつかあります。

ちなみに我が家はスマイルゼミを活用していますので、自分がなぜスマイルゼミを利用しているのかを書き出してみました。

 

  • タブレット学習なので、子どももゲーム感覚で楽しく学ぶことができる
  • 毎日継続して学習できるようタブレット側で工夫されている
  • アニメーションなどを通して難しい内容も理解しやすいようになっている

 

そのほかにも家庭学習にまつわる親子ゲンカが減る、自動で丸付けしてくれるから親の手が空くなどのメリットも感じてはいますが、一番の理由はやはり……

 

あやちん
子どもが自発的に学ぶことを助けてくれる教材だからです

 

つまり、親が口うるさく「勉強しなさい」という必要がなく、学習後のゲーム時間などを楽しみに子どもが自ら学習するという行動を起こさせるからなんですね。

このように、人が情報にお金を支払うのには理由があり、お金を使ってもいいと思えるのは以下の2つの価値を感じたときだと言えます。

 

行動させてあげる

人は自分自身が思う以上に行動できない生き物です。

私もブログを書いているときについついSNSを覗きに行って時間を無駄に消費してしまったり、読もうと思って購入した本が手付かずのまま積ん読状態になっていたりします。

行動するということはエネルギーが伴いますから億劫になってしまう気持ちもわかります。

だからこそ行動を起こさせてくれるものにお金を支払うのです。

お金を支払うことで「やるぞ」と覚悟を決め、初めて本気で取り組むことが可能になります。

 

わかりやすくまとまっている

例えば小学校受験に取り組もうとあなたが思った場合、まず最初にどんなことをしますか?

私自身は、小学校受験の全貌を知るために小学校受験について書かれた書籍を購入しました。

 

 

未知なる世界に飛び込むとき、行き先がわかるように情報がわかりやすくまとまっているものにはそれだけで価値があります

書籍はその最たる例と言っていいでしょう。

 

人は行動させてくれるもの、情報がまとまっているものに価値を感じる

今回はこどもちゃれんじや進研ゼミなどの教育サービスを提供するベネッセのビジネスモデルを例に情報発信ビジネスの基礎知識をお話ししました。

規模は違えど、私自身がお客様に提供しているサービスも同様のものになります。

 

あやちん
ネットビジネス、情報発信ビジネスって怪しい! と決め付ける必要はないとわかっていただけたら幸いです

 

また、行動させてもらえなかったことが原因である商品を購入に至らなかったときのエピソードも別記事にて公開中です。

ぜひ合わせてご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あやちんがフルタイムワーキングマザーを卒業し、娘の「ママと一緒にいたい」という願いが叶えられた方法を公式無料メールマガジン「Freelife Letter」でお話ししています。

ご登録の御礼に以下の2つのプレゼントをお渡ししていますので、お気軽にご登録ください。

 

  1. ネットがあればどこでもできる、たった1時間で5万円を稼ぐ方法
  2. 年間20万マイルを貯めて、無料で家族海外旅行へ行く方法

 

⏬「ママと一緒にいたい」を叶えた方法⏬


※ご登録はGmailもしくはYahoo! メールを推奨しております。Hotmail、Outlook、携帯電話アドレスではプレゼントの受け取りができませんのでご注意ください。ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決していたしませんのでご安心ください。メールマガジンが不要の場合は1クリックですぐに解除が可能です。

-ビジネス
-, , ,

Copyright© もっと!マイルで旅育 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.